抜け毛に関する髪の基本的な知識

抜け毛の対策をする上で、まず、髪の毛について、基礎的な知識を持っておくのも良いでしょう。髪の毛・肌・爪は18種類のアミノ酸の複合体で出来ています。このため、日々の食事を通して、髪の毛や肌・爪の素となる18種類のアミノ酸をバランス良く摂ることも大事です。バランスよい食生活は髪の毛だけでなく体全体の健康につながります。

抜け毛の原因は、いろいろとあるのですが、髪の毛のサイクルの中で、様々な原因がからみあい、サイクルに異常をきたして、予定外の抜け毛が起こり、これが、抜け毛、薄毛をもたらしてしまう、とされています。髪の毛の成長のサイクルは、通常、一日に約0.3〜0.4mmの速さで成長していますが、この毛が成長し、やがて抜け落ち、そしてまた生え始めるといったサイクルが、通常4〜5年で繰り返されています。

髪が成長を続ける成長期(2〜6年)、毛母細胞の活動が低下し、ほとんど成長しなくなる退行期(2〜3週間)、次の髪の毛の生成が始まるとともに、脱毛が始まる休止期(2〜3ヶ月)。これが髪の毛の成長のサイクルです。髪の毛のうち、皮膚の表面に出た部分を、毛幹と言います。皮膚の中にある部分が毛根、その毛根を包んでいるのが毛包です。髪を抜いてよく見てみると、皮膚の中にあった根元の部分が太くなっているのが分かります。この部分が毛球といわれます。

毛球は、毛乳頭、毛母細胞、色素形成細胞、から構成されます。毛乳頭は皮膚の真皮からの神経や血管があり、髪が生えることばかりではなく、成長や髪への栄養面にも重要な役割をしています。最近の研究で、抜け毛には、髪の毛の成長に大きく影響する、毛乳頭の状態が関係しているのでは、と言われています。いろいろな原因がかさなり、それが、毛乳頭の、発毛を促進するサインをストップさせてしまうのでは、というのです。

当サイト人気コンテンツ

★ シャンプーとの関係
★ リンスとの関係
★ 髪のお手入れの注意点
★ 発毛剤と育毛剤
★ 抜け毛の治療方法
★ 未然に予防する



Copyright (C) 2007 抜け毛@解説NAVI All Rights Reserved.