産後の抜け毛について

女性特有の抜け毛の悩みに、産後の抜け毛があります。女性は、妊娠すると、体の中で女性ホルモンが通常よりも多く分泌されます。これにより髪の寿命も延び、抜け毛が少なくなります。すると、通常よりも髪の毛が増えることになります。ところが、赤ちゃんが生まれ、女性ホルモンの分泌量が減り、元の量に戻ると、髪の毛の寿命も元に戻ります。すると、なかなか抜けなくなっていた毛が、今度は急に抜けやすくなり、抜け毛が増える、ということになります。

こうした産後の抜け毛は分娩後脱毛症と言われます。子供を産んだあと、約6割の女性が経験するようですが、産後3ヶ月〜6ヶ月の間に起きる現象で、急に抜け毛が増えるため不安になるかもしれません。しかし、大抵は、しばらくすれば収まるようで、あまり気にしすぎる必要はありません。ピル服用後に脱毛の症状が起こることもありますが、これは分娩後脱毛症とメカニズム的には同じです。産婦人科医のアドバイスも得て、カルシウムなどを多く摂取することを心がければ良いでしょう。

産後のケアが悪いと、これを機に本格的な脱毛症が発症する場合もあるで、抜け毛が治まらない時には専門家に相談した方が良いでしょう。ヨーロッパでは、産前・産後の女性の脱毛防止や育毛に、ミレットエキスを内服する例があります。ミレットエキスとは、イネ科のキビの特定品種を原料とする抽出物のことで、副作用がない安全な育毛剤として実績があるそうです。

要は、出産後の抜け毛は、日常の体の健康に気を配れば、自然に回復するので、あまり心配は要りません。バランスよい食事を心がけ、充分な睡眠をとる。趣味などで気分転換を図り、ストレスをためない。冷え症による首や肩のコリを解消する。こうした日常の心がけで、出産に伴う抜け毛も、すぐに気にならないようになるでしょう。

当サイト人気コンテンツ

★ シャンプーとの関係
★ リンスとの関係
★ 髪のお手入れの注意点
★ 発毛剤と育毛剤
★ 抜け毛の治療方法
★ 未然に予防する



Copyright (C) 2007 抜け毛@解説NAVI All Rights Reserved.